錠剤

アトピーの症状を改善|食事で免疫力を高めよう

サプリメントで防ぐ肌荒れ

婦人

食生活で気を付けたいこと

アトピー性皮膚炎の方は、腸内環境のバランスが乱れやすい傾向にあり、腸内環境の乱れがアレルギーを引き起こす一因となっていることが指摘されています。アトピー性皮膚炎は、かゆみの強い湿疹が続く難治性の皮膚炎と定義されており、皮膚科の治療では外用薬で炎症を抑える治療が行われていますが、食生活など、内側からのアプローチも必要と言われています。腸内環境のバランスを悪くするような、スナック菓子、ファストフード、砂糖の大量摂取などは控え、野菜中心の和食がアトピー性皮膚炎の食生活としては好ましいと考えられています。又、辛いものなど刺激物は、アトピー肌にとってはかゆみを助長するケースもありますので、注意が必要です。

肌に役立つサプリメント

アトピー性皮膚炎の症状を体の内側から改善させるために人気の成分として、ビオチンが挙げられます。ビオチンは、ビタミンの一種ですが、ビオチンを多めに摂取することで、肌にアレルギー症状が出るのを抑えることができることがわかっています。ビオチンは食生活で摂取することが難しいため、サプリメントでの摂取が推奨され、様々なメーカーのビタミン剤に配合されています。ビオチンを使用したビオチン療法と呼ばれる治療法は、一部の皮膚科でアトピー性皮膚炎の治療に取り入れられており、ビオチン、ビタミンC、酪酸菌を組み合わせて摂取することで、肌トラブルが解消された例が多く見られます。その他、ビタミンBやCも肌を健やかに保つために役立つとされています。